オートモア435X-AWD

オートモア435X-AWD、AUTOMOWER435X-AWD。

最大3,500m²、最大35°の傾斜エリア対応可能。四輪駆動モデルロボット芝刈機。ハスクバーナ、Husqvarna。

最大35°の傾斜エリアまで対応可能なX-Lineシリーズの四輪駆動モデルです。最大3,500m²※の様々なグリーンスペースの管理を可能にします。FOTA対応で常に最新版ファームウェアを入手可能です。

※傾斜地が 20%以内の場合です。100%傾斜地の場合の対応面積は20,00 m²になります。

メーカー希望小売価格(税込):¥701,800円~


AWDモデル

Automower™ AWD モデルには、各ホイールの制御を最適化して過酷な地形で優れた機動性を発揮する技術が採用されており、70 %(35°)の勾配にも対応する優れた斜面性能を発揮します。

AIMテクノロジー-Automower™ ゾーンコントロール

Automower™ Zone Control(ゾーンコントロール)により、各種設定や一時的な進入制限ゾーンを持つ作業エリアを簡単に作成できます。この機能により、芝生全体をより細かく管理し、各エリアに異なるスケジュールや刈高を適用したり、選択したエリアの芝刈りを停止したりできます。

関節式ボディデザイン

連結したリヤボディデザインにより、複雑な芝生や通路を移動する際にも優れた機動性を発揮します。リヤボディのピボット機能により、起伏の多い地形でのトラクションが大幅に向上しており、Automower™ AWD モデルの AWD 性能を最大限に活用することができます。

Automower™ Connect アプリ

ハスクバーナ Automower™ Connect アプリを使用して、スマートフォンから手軽にリモートコントロールを行うことができます。特に、ハスクバーナのロボット芝刈機の管理と監視、設定の変更、および芝生のメンテナンスに役立つ情報やヒントへのアクセスを、簡単に行えるようになります。携帯電話、Wi-Fi、および Bluetooth 接続を利用できます(モデルによって異なります)。

超音波センサー

超音波センサーで、障害物を検出します。Automower™(オートモア)は、激しい衝突を避けるため、スピードを落とします。

AIM テクノロジー

AIM テクノロジーは、ロボット芝刈機に搭載された GPS とセンサーを使用して芝生のバーチャルマップを作成し、さまざまなスマート Automower™ 機能を使用可能にします。 バーチャルマップは、境界ワイヤーやガイドワイヤーと同様に、Automower™ Connect アプリで閲覧することができます。 AIM テクノロジーでは、アプリを使用し、刈り込みの高さやスケジュールが異なる作業エリアや、個人用のゾーンコントロールのための進入禁止ゾーンを作成することができます。 Automower™ は、Automower™ Connect でリアルタイムに追跡することも可能です。

GPS-アシストナビゲーション

GPS アシストナビゲーションにより、均等に芝を刈って刈り残し領域をなくします。最初にシステムが、境界線やガイドワイヤーが設置されている場所を含む芝生のマップを作成します。次に、ハスクバーナ Automower™ がこのマップに従って芝刈りパターンを調整し、優れた刈り込み結果を実現します。

優れた互換性

Amazon Alexa、Google Home、IFTTT に対応しており、音声で簡単に操作したり最新状況を確認したりできます。この機能は、携帯電話や Wi-Fi による接続機能を備えた、ハスクバーナのすべての Automower™ モデルで使用できます。これにより、始動、停止、駐車などの音声コマンドを実行したり、音声アシスタントに話しかけて芝刈機から最新状況を取得したり、IFTTT ルーチンで使用したりできます。Automower™ Connect を使用して、お使いのロボット芝刈機を Gardena スマートシステムに統合し、芝刈りと水やりを同時に行うこともできます。

IFTTTを使用したスマート接続

Automower™ Connect アプリの Smart Connections を使用するか、IFTTT で独自の柔軟なルーチンを作成することで、Automower™ をスマートホームにさらに統合できます。子供たちの帰宅時や、大雨の予報により芝刈機を駐車させたい場合などに役立ちます。また、天候に合わせて芝刈りをしたいときにも役立ちます。IFTTT(「IF This, Then That」)は、使いやすい無料のサービスです。

FOTA (ファームウェア・オーバー・ザ・エア)

Automower™ Connect アプリを使用して簡単にソフトウェアを更新し、新しい機能を有効にできます。

Automower™ Access

Automower™ Access では、高解像度カラーディスプレイ、ジョグホイール、ステータスインジケータを使用したスムーズ操作により、芝刈機を直感的に制御できます。アイコンベースのデザイン言語によって、Automower™ Connect アプリと直感的にやり取りできるため、シームレスなユーザー体験が実現します。

GPS での盗難防止策

芝刈機の現在地を追跡し、盗難リスクを最小限に抑える GPS 追跡機能を装備しています。通知は Automower™ Connect アプリからデバイスに送信されるため、芝刈機の位置を常に確認できます。

セカンダリエリア

芝刈機の経路につながっていない 2 つのエリアがある場合は、セカンダリエリアを設定します。セカンダリエリアを作成するには、そのエリアの周囲に境界ワイヤーを敷設して、アイランドを形成する必要があります。敷設後、これら 2 つのエリア間で芝刈機を手動で移動させると、芝刈機は選択した時間に、またはバッテリーがなくなるまで芝刈りを行うようになります。

Automower™ X-Line

ハスクバーナ Automower™ X-Line は、最高のロボット芝刈機を求めるユーザー向けに設計された、最上級の機能を備えたシリーズです。 GPS 盗難追跡を含むAutomower™ Connect、マッピングにより刈りムラのない美しい芝生を作り上げるGPS アシストナビゲーション、LED ヘッドライト、フロントラバーバンパー、X-Line ボディ デザインなど、X-Line 機能パッケージを装備しています。

ジオフェンス

芝刈機が事前に定義したエリア外に移動すると、アプリがそれを通知し、盗難リスクを最小限に抑えます。Automower™ Connect アプリを使用するだけで、芝刈機の GeoFence エリアを定義し、芝刈機の位置を常に把握できるようになります。

天候タイマー

芝生の成長に対して作業時間を調整し、Automower™ (オートモア) は芝生の成長期に芝刈り時間を最大化します。晴天や乾燥した天候、あるいはシーズン後半、芝刈機は芝刈り時間を削減し、芝生と製品の消耗も低減します。

Rewilding Mode

再自然化モードは、庭に自然を戻すために設計されています。有効化すると、芝生の 10 % が自動的に再自然化ゾーンに割り当てられます。Automower™ は、この領域の芝を刈りません。再自然化ゾーンの広さの変更、形状の変更、場所の移動、またはゾーンの削除はいつでも行うことができます。 この機能は、次のモデルで使用できます:405X、415X、430X NERA、435X AWD、450X NERA。最新情報については、Automower™ Connect アプリで通知されます。430X NERA および 450X NERA で再自然化モードを使用するには、境界ワイヤーを設置する必要があります。

自動経路処理

Automower™ (オートモア) は自動的に狭い経路を感知し、最小の経路であっても道を見つけます。好ましくない轍を抑制するため、経路のルートは変化します。※この機能はAspireR4にはありません。

刈高調整

電動刈高調整機能により、ハスクバーナ Automower™ Connect アプリから目的の刈高を簡単に設定できます。この設定にも、芝刈機のメインメニューからアクセスできます。

遠隔スタートポジション x5

特許取得済みのガイドワイヤーに沿って、チャージステーションから離れた 5 ヵ所で芝刈りを開始できるため、芝生全体の刈り込みの仕上がりが均一になります。芝生エリアが広いほど良い仕上がりが得られ、複数のスタート地点の重要性も高まります。

低排出ガス製品

この製品を選択することで、従来のガソリン製品と比較して、製品稼働中の二酸化炭素排出量を削減することができます。バッテリー駆動のこの製品は、使用中に CO2 を排出せず、ハスクバーナ製品に期待されるパワーと品質を提供します。 ただし、製造、充電、使用済み廃棄など、製品のライフサイクルの他の段階では、CO2 排出が発生いたします。

スパイラルカッティング

スポットカッティングモードやスパイラルカッティングモードを使用すると、芝が高く伸びたエリアでも効率的に芝刈りを行えます。スパイラルカッテイング機能の作動時に芝刈機が高い芝のエリアに入ると、カッティングディスクセンサーがそれを検知し、自動的にスパイラルパターンへと切り替えます。スポットカッティングモードは、高い芝がある限られたエリアをすばやく刈り取るためのモードです。このモードは、庭園家具を移動した後、家具の下になっていたエリアを刈る場合などに便利です。目的のエリアに芝刈機を配置し、[Spot cutting(スポットカッティング)]モードを選択します。芝刈機は、密な渦巻状の動きで芝を刈り、終了すると自動モードに復帰します。

プロファイル

個別の設定を持つ複数のプロファイルを作成すると、1 台の芝刈機を複数の場所で簡単に使用することができます。各プロファイルや設置場所に個別の名前を付けておくと、芝刈機のメニューから各種設定を簡単に切り替えることができます。

セカンダリエリア

芝刈機の経路につながっていない 2 つのエリアがある場合は、セカンダリエリアを設定します。セカンダリエリアを作成するには、そのエリアの周囲に境界ワイヤーを敷設して、アイランドを形成する必要があります。敷設後、これら 2 つのエリア間で芝刈機を手動で移動させると、芝刈機は選択した時間に、またはバッテリーがなくなるまで芝刈りを行うようになります。

Automower™ X-Line

ハスクバーナ Automower™ X-Line は、最高のロボット芝刈機を求めるユーザー向けに設計された、最上級の機能を備えたシリーズです。 GPS 盗難追跡を含むAutomower™ Connect、マッピングにより刈りムラのない美しい芝生を作り上げるGPS アシストナビゲーション、LED ヘッドライト、フロントラバーバンパー、X-Line ボディ デザインなど、X-Line 機能パッケージを装備しています。

低排出ガス製品

この製品を選択することで、従来のガソリン製品と比較して、製品稼働中の二酸化炭素排出量を削減することができます。バッテリー駆動のこの製品は、使用中に CO2 を排出せず、ハスクバーナ製品に期待されるパワーと品質を提供します。 ただし、製造、充電、使用済み廃棄など、製品のライフサイクルの他の段階では、CO2 排出が発生いたします。


関連投稿